ブログトップ

No groove , No life

sawaburogu.exblog.jp

さわの日常・趣味の話。ストリートダンスと萌えが大好物。

ブルックリン

一昨日の夜のHIPHOPのレッスンで「ブルックリン」という動きをしてから
腕がすごい筋肉痛です(笑)
今回に限らず、今のところでダンスを始めてから、足とかしょっちゅう筋肉痛でした(最近さすがに足はなれてきたのかな?)
だけども、こういう風に自分の筋力とか技術以上のことに挑戦するのは、実はとても嬉しいことだったりします。

一昨日のレッスンの中に、子供さんが私が前習っていた先生のスタジオに通っていると言う方がいたので少しお話をしました。
そして、前のスタジオについての意見が同じだったので、あーやっぱりな~と思いました。
「同じ動きの繰り返しが多くて飽きやすい」
「発表会では毎回同じ曲がある」
「生徒同士、先生と生徒の間に壁がある」など

前の先生のレッスンには3年間通いましたが、最後の1年は結構迷いがありました。
前のところは、基本がジャズダンスなのでどうしても「ジャズ・ヒップホップ」という「きれいめヒップホップ」で、私が憧れていた「ダンス甲子園」みたいな動きがなくて、曲もなんかあまり好きじゃありませんでした。
そして極め付けが、「大人は大人の振り付け」「ティーンはティーンの振り付け」と明確に分かれていたことでした。同じ曲でも、年代でできる範囲みたいなのが初めから決められていました。
正直言うと、

私はあのとき、ティーンの振り付けの方をやりたかったっ!!(笑)

先生は体育大出身なので、30代の体力を考慮して考えてくれていたのでしょうが、私の目に魅力的に映ったのはティーンのムーブ方でした。
出来るかどうかは・・・・・挑戦してみなきゃわからない!
でも、その挑戦の機会すら年齢で決められているような気がして、結局、「これ以上ここ(前の教室)で続けても、今以上のものは望めない」と思い止めてしまいました。

もちろん、前のスタジオも良い所はいっぱいありました。こうしてダンスを始める足がかりになったし、ステージに立つ楽しさを経験できたのは、前のスタジオのおかげだし、先生もとても良い方でした♪

でも、私自身はもっと憧れていたものに近づきたいし、もっとレベルの高いものに挑戦していきたい気持ちがあったので、今のところに行くようになりました。
実際はかなり無様な姿を晒しているけど、それでも楽しくて筋肉痛も少し嬉しかったりします。

・・・・Mではないけどね(笑)

明日は、会議室空いてたら、少しブルックリンの練習しようと思います♪
[PR]
by sawablognew | 2011-07-03 23:16 | 踊るアフォー