ブログトップ

No groove , No life

sawaburogu.exblog.jp

さわの日常・趣味の話。ストリートダンスと萌えが大好物。

消えたアーティスト【ラ・ムー】

私が中学生の頃。アイドルブームが次第に陰りを見せ初めて
アイドル歌手たちが脱アイドル活動を始めるようになりました。
女優→小泉今日子、中山美穂、南野陽子
演歌→長山洋子
など、歌手にある程度の見切りをつけたり、ジャンル変えしたり
色々でしたが、一番迷走していたのが

菊 池 桃 子   だと思います(笑)。

歌は抜群に下手だったけど、ルックスはすごく可愛くて大好きでした♪
なのに、彼女の脱アイドル路線はなんと

ロック歌手・・・・

歌に難ありなのに何故!?と当時からかなりの痛々しさを感じていました。
それに、いきなり大人っぽいファッションで、可愛い桃子が好きだった身としてはかなりショックでした。

菊池桃子ロックバンド【ラ・ムー】

当時、ロック歌手(本物)の氷室京介がPATIPATIという雑誌のインタビューで、
「菊池桃子さんがロックと呼ばれるなら、俺はロック歌手だと言われたくない(笑)」
とのたまっていただけあって、ロックと呼ぶにはあまりにもカッコ悪すぎました。
それに、ロック以前にこれはR&Bとかじゃないだろうか!?(笑)

その後、トレンディ(死語)女優として大成功した桃子にとって、まさに「黒歴史」と呼ばれるにふさわしい青春の1ページです。

でも、やっぱり可愛いな~桃子[m:49]
[PR]
by sawablognew | 2011-06-26 16:45 | 消えたアーティスト