ブログトップ

No groove , No life

sawaburogu.exblog.jp

さわの日常・趣味の話。ストリートダンスと萌えが大好物。

テレビドラマ「恋愛偏差値 第3章 彼女の嫌いな彼女」

なつかしのドラマDVDを借りてきたので、ちょこっと見ました。
2002年に4回完結で3話放送された、フジテレビ「恋愛偏差値」です!

唯川恵の小説が原作のドラマで、4話完結なのであまり気張らずに見れます。
第1章、第2章は見てないのですか、3章だけは見てて、最終回だけ見逃しました。
当時は学校勤務で、ちょうど文化祭前で毎日9時過ぎに帰宅していた頃なので、最後の1回を見逃してそれっきりでした。

10年近く前の作品なので古臭さはあるものの、やっぱメッチャ感情移入してしまいますね!!
昔のドラマって本当に質が高い!もちろん駄作もあるけど、今のドラマに比べたら丁寧に作っていると思います。

特にこのドラマは、突っ込みどころは多々あるものの、台詞のひとつひとつにリアリティというか重みがあります。だから今でも感情移入できるんだと思います。

今のドラマは、設定のキテレツさで気を引こうとして、肝心の中身が軽い気がします。1回目だけ見れば十分みたいな感じになってしまいますね・・・。
ここ数年はドラマを最後まで見ることがなくなってきました。「鹿男あおによし」と「SP」くらいかなぁ・・・・あと、NHKであってた「八月の蝉」は見たな・・・今映画があってるけど。

10年位前までは、まだ娯楽の中心がテレビだったこともあるし、今とは状況が違うけど、夢中になって見るドラマが多かったのも事実です。

ところで、「恋愛偏差値 第3章」は、内容もさることながらヒロイン2人を手玉に取るエリート役の柏原崇がなんとも美しい(ハアハア♪この手の顔、結構好きなのよっ♪
柏原崇はこの後、スキャンダルで消えていったけど、調べてみたら細々と俳優をしているみたいです。この当時は本当にカッコよかったなあ(遠い目

あと、「恋愛偏差値」はMISIAの主題歌も秀逸ですね!!
今日は1話だけ見ました。連休中に最後まで見ようっ
[PR]
by sawablognew | 2011-05-03 22:50 | テレビ・ラジオ